正社員になるための条件とは?

特殊な技術や資格が必要となる職種は採用基準が厳しい会社が多い

工場の正社員になるための条件は、工場の方針や人事の仕組みだけでなく、職種によっても大きな違いがあります。一般的に、製品の設計や開発に携わる職種については、特殊な技術や資格が必要となることがあり、正社員の採用基準が厳しく設定される傾向が見られます。工場によっては、機械工学を専攻した人や難易度の高い資格を持っている人のみが採用試験を受験できることもあり、就職活動中に時間をかけて自分の学歴やキャリアに合う職場を見つけることが大事です。なお、専門性の高い職種であっても、業績の良い会社の工場では資格や経験を持たない若年の求職者を積極採用しているところもあるため、気になる求人を見つけた時はいち早く担当者に問い合わせをすると良いでしょう。

ライン作業がメインの現場は未経験者も採用されることがある

ライン作業をはじめとしたルーティンワークがメインとなっている現場では、未経験者も正社員として採用されるケースが多く見られます。また、初めて工場勤務をする従業員のために長期の集合研修や配属先での個別研修を導入している工場も増えており、自信を持って日々の業務に取り組むことが可能です。大手企業の工場の中には、就職説明会や工場見学などの機会に求職者を対象に、具体的な仕事内容や工場内の役割について詳しく紹介しているところもあります。そのため、未経験から工場の正社員として働きたい人は、求人選びの際に数ある工場の中でも若手の人材育成に積極的なところや、採用時にスキルや経験が重視されないところを優先的に探すことがポイントです。